PROFILE

DIARY

WORLD GOLF TOPICS

MY OPINION

COMMUNICATION

LINK

RIKI'S ROOM

MAIL


MARCH

「アクシネット、依然業績好調」(2019.03.02)

 タイトリスト及びフットジョイブランドを抱えるアクシネット社が2018年度年間業績を発表した。

 同社が発表した2018年度純売上高は16億3,370万ドルで、前年比4.7%アップ。為替一定ベースでは3.1%アップ。純利益は9,990万ドルで前年比1.2%アップだった。

 アクシネット社CEO社長のデイビッド・メイハー氏は「当社の2018年度業績を喜んでいる。これは特にゴルフボールやゴルフクラブの用具部門におけるエキサイティングな製品改革によってもたらされたものだ。タイトリストのゴルフボールビジネスは、Pro V1が世界のツアーで180勝をあげたように比類無き性能を続けており、当社新製品AVXシリーズは世界中のゴルファーに愛され、新製品Tour SoftやVelocityモデルも、高い期待を上回っている」と話している。

 更に同氏は「タイトリストゴルフクラブも同時に、成功したTSメタルにリードされ、成功が継続しているタイトリストアイアン、広く受け入れられている新Vokey SM7ウェッジやCameron Selectパターにより素晴らしい年となった。同時に当社の価値ある関係会社もゴルファーの高い期待に応えてきた」と話した。

 同社に寄れば、タイトリストゴルフボールは2018年度純売上で2.3%(為替一定で1.2%)伸びたとのこと。同社はこの成長は主として、第一四半期、第二四半期にそれぞれ発売された新製品AVXボールによるものだと話している。

 タイトリストゴルフクラブは、純売上で11.9%(為替一定で10.5%)伸びている。この売上数量の伸びは、2018年第三四半期に発売されたTSドライバー及びTSフェアウェイウッドと、2018年第一四半期に発売されたウェッジにより拍車がかかったもの。

 フットジョイは純売上高で0.5%増(為替一定で1.4%)減と発表した。この為替一定ベースでの減少は、同社に寄れば、シューズの販売数量減によるもので、一部全フットジョイ部門の売値アップとアパレル部門の売上数量アップにより相殺されているとのことだ。

 地域的に見ると、米国内に於ける連結純売上高は4.6%増。米国外純売上高は4.8%(為替一定1.6%)アップで内訳は韓国6.8%アップ、EMEA(中近東アフリカ)1.3%アップ、その他外国1.2%アップで、部分的に日本の2.8%ダウンで相殺されているとのこと。

 メイハー社長(前出)は「2019年度に向かって、当社は環境を楽観視している。世界のゴルフビジネスはこれまでに比べて構造的に健全になっており、熱心なゴルファーは健在であり、当社が特に得意な市場は、製品性能と品質を重視するので、最も魅力的な市場だと思っている」と言い「この背景に対して、アクシネットは強力なポジションにあると見ている。新Pro V1とPro V1xは素晴らしいスタートを切ったし、TSメタルは今年も勢いがあり全ゴルフクラブラインを通して強力だ。新フットジョイ及び用品類も、良く市場に受け入れられており、有望なシーズンをスタートしている。ブランドを通しての主要製品と共に、当社は2019年度以降の長期的にみても、当社を支える株主の投資に応えていく自信を持っている」と話している。

(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/1)

 キャロウェイに引き続き、アクシネットも、米国大手上場ゴルフ企業2社の業績は極めて好調だ。需要が停滞している中、コアゴルファー、上級者相手の戦略で、益々市場シェアが向上していることが伺われる。

「PGAツアーで勝てば何が得られる?」(2019.03.07)

 ゴルフプロにとって世界最高のツアー、PGAツアーイベントで優勝することは人生をかえる最大の名誉だが、常にリーダーボードで上位を占めるプレーヤーや、年間ツアーカードを所有していないプロにとって特に重要なことだ。

勿論誰もが、PGAツアーで優勝すれば百万ドル以上の大金を手にすることは知っているが、その他にもツアーカードを維持するための多くのメリットが与えられる。以下は、PGAツアーに優勝したときに与えられるメリットの一覧。

●一位の賞金:百万ドルを超える賞金。

●複数シーズンの出場権。レギュラーツアーの場合、シーズン終了後、更に2シーズンのツアーカード延長。アーノルドパーマー招待、メモリアルトーナメント、WGCイベント優勝は3年間のエグゼンプション。メジャー選手権又はプレーヤー選手権優勝は5年間のエグゼンプション。年間複数回の優勝には、5年間を最大に、それぞれの勝利に更に1年の追加。

●FedExカップポイント:レギュラーPGAツアーイベント優勝:500ポイント、WGCイベント:550ポイント、メジャー選手権又はプレーヤーズ選手権:600ポイント。

●セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズの出場権

●翌年の全米プロのエグゼンプション

●翌年のプレーヤーズ選手権、アーノルドパーマー招待、メモリアル招待へのエグゼンプション。

(米国PGA.com 3/6より)

「プーマゴルフがアーノルドパーマーエンタープライズと提携」(2019.03.08)

 プーマゴルフとアーノルド・パーマー・エンタープライズは、パーマーのレガシーを讃え、両ブランドを付けたアパレル、シューズ、アクセサリーのデザイン、開発、販売に関して提携する複数年の契約を締結した。この新しいベンチャー事業は、プーマゴルフが、アーノルド・パーマー招待関連の限定商品を製作してきた過去3年間にわたる両ブランドにより育まれた提携を基にして築かれたもので、この提携による最初の新製品コレクションは2020年半ばに発売される予定だ。

 プーマゴルフの販売マーケティング担当上級副社長のダン・ラッド氏は「当社はアーノルド・パーマーのチームと連携し、パーマー氏の人生と経験に通じる同義語となった伝統、スタイル、粋そしてカリスマ性を表す用品コレクションの流通を委ねられることを誇りに思っている」と言い「当社の製品とデザインチームは、思慮深く、よく調査されたアプローチをこのコレクションに採用し、古い文献を掘り下げ、彼(パーマー)と家族について時を費やし、彼のクローゼットの中を覗き見さえした。そして当社は、このニューコレクションが、パーマー遺産スタイルとプーマゴルフスタイルの結合の完全な表現であることに自信を持っている」と話している。

 アーノルド・パーマー・エンタープライズのクリス・クロディンスキー氏は「アーノルド・パーマーは如何にゴルフがプレーされ、楽しまれるかを再評価し、そして彼の自信ある、クラシック調のスタイルがその大部分だった。同様にコブラ・プーマゴルフは、そのクラシックな実績と世代を表すファッションのコンビネーションで知られており、このアーノルド・パーマー×プーマコレクションは、その完全な例だ。当社も彼等との付き合いにわくわくしている」と話している。

(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/7)

「MLB傘下のリーグもルール改訂」(2019.03.14)

 2019年1月からゴルフルールが改訂され、プレーヤー達からは今もいろいろな問題が指摘されているが、米国では他のメジャースポーツ、ベースボールでもルール変更の動きが出ている。

 MLB(メジャーリーグベースボール)は先週、同リーグが独立リーグのアトランティックリーグとMLBの傘下として一連の厳しいルール変更を採用することにつき契約を交わしたことを発表した。如何に厳しくなるのか?アトランティックリーグに採用される一連のルール変更は下記の通り:

○ホームプレートアンパイヤのボール、ストライクのコールにはトラックマンの助けを借りることになる。

○プレーヤーやコーチがマウンドに行くのはピッチャー交替又は医療に関する時だけに限る。

○ピッチャーは、負傷交替で無い限り、最低3人のバッターと対戦するか、ゲーム終了前はイニングが終わるまで投げること。

○1塁、2塁、3塁のベースサイズを15インチ角から18インチ角に増やす。

○ピッチャーがボールをリリースする時には、二名の内野手が2塁ベースの両側に居ること。(もしそうでない場合、ボールはデッドとなりボールが宣告される。)

○イニング間及びピッチャー交替の時間は2分5秒から1分45秒に短縮される。

○シーズンの後半に限り、ピッチャープレートからホームベースの距離が24インチ伸ばされる。マウンドの高さと形は変わらない。

 以上、違反しないこと。これは厳格である。将来これらの一部がMLBの試合のデーゲームやナイトゲームに採用されるかどうかはまだわからない。もしこれがゴルフだったら、多分、将来ルール変更を行う時は、ゲームが改善されるのか、又は問題点や障害を解決できるのか、事前にテスト期間を考慮するなど、もっと賢明な手続きを取ることだろう。

(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 3/13)

<<<BACK